ににのブログ

美容好きなアラサーOLの忘備録

【皮膚管理】韓国の美容皮膚科でシミ取り デュアルトーニング、CO2レーザーをしてきた【エルツティン再生クリーム】


こんにちは。ににです☺︎

先日韓国旅行へ行ってきました🇰🇷

韓国へは何度か行ったことがあるのですが
今回初めて、美容皮膚科でレーザーをしてきました。

韓国の美容皮膚科のレポをしたいと思います♡

Abijouクリニック 明洞支店


今回行ったのはAbijou(アビジュー)クリニックの明洞支店です。

Abijouクリニック 明洞支店は、韓国のポータルサイト「NAVER」の検索ワードで、美容外科第1位に輝いた人気クリニック。
明洞(ミョンドン)店は、地下鉄4号線明洞駅を出てすぐの場所にあります。
日本語コーディネーターが常駐しています。


明洞駅のすぐ近くにあるので行きやすいです。
事前にラインで予約を取ってから行きました。


まず、受付でカウンセリング用紙を書いて
顔の写真を撮ります。
そしてカウンセラーさんとどんなメニューをするのかを決めていきます。

日本語を話せるスタッフも多いので、言葉で困ることはありませんでした。


今回は
デュアルトーニング+
クライオセル(冷凍超音波ケア)+
EGF再生管理+
プラセンタ+
鼻の黒ずみケア+
EGF再生マスク+
ケシ美白アンプル塗布 
199,000ウォン(約2万円)

のメニューと

CO2レーザー3箇所
1箇所11,000ウォン(約1100円)

のメニューをすることにしました😊

デュアルトーニングとは、
レーザートーニングとセレックトーニングの2種類のレーザーを使用。
セレックトーニングはIPLのアップグレードしたバージョンで、IPLは表皮層にあるシミに効果的、レーザートーニングは真皮層にあるシミに効果的なので、より多くのシミにアプローチできる施術だそうです。


施術レポ

ベッドが温かくて心地よすぎてあまり覚えていないのですが…🤣

まずクレンジング、角質を柔らかくするクリームを塗って角質除去。
そしてプラセンタ導入と鼻の黒ずみケア。

その後部屋を移動してデュアルトーニング。
レーザートーニングは、直接肌に機械を当てず、肌から離れたところからレーザーでパチパチと焼かれるような感覚。
セレックトーニングは、ジェルを塗った肌に機械を当てていきます。
どちらもそこまで痛みはなかったです。

部屋を移動して
クライオセル(冷凍超音波ケア)とEGF再生マスク。

クライオセルは、お肌を冷却しながらイオン導入ができる機械で、ジェルを塗った肌に冷たい金属を当てて撫でるような感じ。レーザー施術後の沈静にぴったり。
その後は、マスクパックの上からさらにトロッとしたパックをたっぷり塗ってもらいそのまましばらく浸透。

最後にCO2レーザー
麻酔のクリームを塗ってもらったので全然痛くなかったです。


CO2レーザーの跡には再生テープを貼ります。
2週間くらい貼り続けてくださいと言われました。
替えの再生テープを何個かもらったけど、2週間分には足りないので
韓国で再生テープ買えばよかった😭

今は日本で買ったキズパワーパッドで代用しています。


施術後はこんな感じ。
目の下のところがCO2レーザーを当てたところです。
再生テープを貼っててもそんなに目立たないと思います。

デュアルトーニングは何回か継続してやらないといけないみたいです。



エルツティンの再生クリーム

レーザーを当てた後は毎日再生クリームを塗ってくださいと言われました。

再生クリームは持っていなかったのでクリニックで購入。


45,000ウォン (約4500円)
でした。

エルツティンとは
韓国の美容外科アビジュークリニックの皮膚科専門医と
ドイツの化学会社(BASF社)がタッグを組んだ
ドクターズコスメのブランド。

日本でも最近エルツティンの再生クリームが流行ってるみたい☺️
日本より安く買えました。


テクスチャはこんな感じ。

ゆるめで伸ばしやすいです。
保湿力もあります。
1本で1ヶ月半くらい使えるみたいです♡


タックスリファンド

クリニックでタックスリファンドができました。
必要な書類を貰って
空港で手続きをすれば税金が返ってきます😆

今回は13,000ウォン (約1300円)返ってきました。

安くレーザーが出来て税金も返ってくるなんて嬉しい限り。

また韓国に皮膚管理しに行きたいと思います🇰🇷



以上、韓国の美容皮膚科のレポでした。
みなさんの参考になれば嬉しいです♡